まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の水彩画教室(まさあきの水彩室)で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  > 

***広島市内の絵画教室で水彩画(透明水彩画)教室を お探しの方へ***

広島市内の中区紙屋町、本通り近くで水彩画教室「まさあきの透明水彩室」を始めました。

水彩画をご一緒に楽しみませんか。初めての方、歓迎。水彩絵具の準備から御相談に応じます。

教室はリビングテーブルを囲ってのアットホームな雰囲気で、少人数の個別指導を目的にしております。
透明水彩の描き方のコツを丁寧にお教え致しますので、短期間に素敵な絵が描けるようになります。

*場所:広島市中区紙屋町1-5-17(ヤマハミュージック店の裏通りです)
ケンセイビル2階、語学スクール アウトサイダー内「まさあきの透明水彩室」
*日時:毎週水曜日、13時~16時(見学自由15:30まで)、会費:1日3時間1,000円
*詳しくは、直接教室へ(中尾まで)お越し頂くか、ご質問やご連絡先等を、この記事内の
コメント投稿欄で非公開にて ご連絡下さい。

****************この記事は当分の間TOP記事****************
スポンサーサイト
[ 2018年02月10日 00:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(8)

カルセオラリア 1703

カルセオラリア・・・花弁が袋状になった珍しい花だ。

和名キンチャクソウ(巾着草)と言われている。
学名は、古代ギリシャ語でスリッパを意味するカルセオラス(calceolus)に由来し、
「スリッパ・フラワー」とも呼ばれています。
開花時期:4月~6月、

花弁が袋状になって、小さな背弁が蓋をするように付いて、中を覗くとシベが見える。

小さな風船のように膨らみ、赤い班が有り可愛いのか?不細工なのか?エグいのか?
見る人によって感じ方が違うが、私には頬を膨らませたアバタ顔が可愛く見える(笑)

カルセオラリア 1703
透明水彩、WF、SM
[ 2017年03月25日 09:26 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(4)

椿 1703

今年の冬も寒さに耐えて咲く椿・・・一年ぶりに描く!!

椿は、これまで7枚も描いていて、毎年冬には描いてあげたくなる花だ!!
昨年も桜の季節になる頃、短い花の命を終えようとしている姿を絵に残している。
今回も、画用紙の中に自分が思う所に花を置き楽しみながら描き終えた。

椿 1703
透明水彩、WF、SM
[ 2017年03月20日 08:40 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(6)

黄色い水仙 1703

黄色い水仙

昨年は描いて無くて久しぶりだ!!
今日も1輪買って、色んな角度で描いて見た。

6枚の花びら花被片(かひへん)のうち、3枚が花弁で3枚はガク、
筒状の花びらを副花冠(ふくかかん)という。
因みに、雌シベは1本、雄シベは6本、花びらと同じ数らしい!!

*水仙の学名Narcissusは、ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来。
神話によると、美しいナルキッソスは、さまざまな相手から言い寄られたものの、
高慢にはねつけ恨みを買い、そんな彼への呪いを聞き入れた復讐の女神ネメシスにより、
ナルキッソスは水鏡に映った自分自身に恋してしまう。
水面の中の像はナルキッソスの想いに決して応えることはなく、彼は憔悴して死んでしまう。
(水面の像に接吻をしようとして溺死したともいわれ)
そして、その体は水辺でうつむきがちに咲くスイセンに変わったという。

だから、スイセンは水辺で自分の美しい姿を覗き込むかのように咲くのである。
このエピソードから「自己愛」や「うぬぼれ」をナルシシスト (narcissist) と言う。

・・・人を愛する以上に自分を愛してはいけないのかも知れない???
ナルキッソスは男だが、美しい女性も鏡に映る自分に陶酔すると水仙になりますよ!!(笑)

黄色い水仙 1703
透明水彩、WF、SM
[ 2017年03月15日 09:01 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(6)

ルピナス 1703

ルピナスのリリアン・・・よく見かけるが初めて描く。

開花時期は4月~6月だが、リリアンは早咲きの品種で鉢花が2月下旬から店頭に出回る。
花の様子がフジの花を逆さにした感じに似ている。花が下から咲き上がるため、
ノボリフジ(昇藤)とも呼ばれ、縁起の良い花かも!!

マメ科なので実は枝豆の形に似ています。苦味と毒性が有り処理をして
大豆アレルギーの代用食品の原料に用いられているそうです。

ルピナス 1703
透明水彩、WF、SM
[ 2017年03月10日 08:23 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(6)
プロフィール

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR