FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  ナデシコ

ナデシコ 1810

ナデシコ

開花:5月~6月、9月~11月(四季咲きの園芸品種)
ナデシコと言えば、在来種の大和撫子(カワラナデシコ)を思い浮かべますが、
描いたのは、中国が原産の石竹(唐撫子)かな?
淡いピンク色で花の中心部が赤くコントラストが魅力的でした。

ナデシコ 1810
透明水彩、WF、SM
スポンサーサイト



[ 2018年10月27日 08:03 ] カテゴリ:ナデシコ | TB(0) | CM(4)

ナデシコ 1808

ナデシコ(セキチク)

花期:6月~8月なのだが秋の七草になっている「ナデシコ」
描いたのは、中国原産のナデシコで中国名がセキチク(石竹)、唐撫子で、
マゼンタ色とピンクの縁取りのある2種類。
何故か花芯から白い髭が2本!!

花弁が細く裂けた日本古来の在来種「カワラナデシコ(大和撫子)」よりも
一重のカーネーションに似ていると思ったらカーネーションはナデシコ属らしい。

「撫でし子」と語意が重なり「撫でていつくしむ愛らしい子」そんな可愛さを感じます。

ナデシコ 1808
透明水彩、WF、SM
[ 2018年08月22日 08:20 ] カテゴリ:ナデシコ | TB(0) | CM(6)

センノウゲ 1511

幻の花・・・センノウゲ(仙翁花)

600年以上前に中国から入ってきて、一時は絶種して「幻の花」と呼ばれた珍しい花のようです。
名前の由来は“嵯峨の仙翁寺”で育てられていたことから付けられたとの事です。
1996年に島根県で栽培されていることがわかり、今では一般に流通するようになった。

夏に咲く花のようだが、温室で育てられたのだろう?
小さく可愛い花びらが真っ赤になって咲いていた。
ナデシコ科なので少しナデシコに似ている。

センノウゲ 1511
透明水彩、WF、F3
[ 2015年11月26日 08:40 ] カテゴリ:ナデシコ | TB(0) | CM(4)

ナデシコ 1510

秋の七草の一つ「撫子」を描く

「春の七草」は「七草がゆ」にして”食”を楽しみ「秋の七草」は“花”を楽しむ。
撫子は「撫でていつくしむ愛らしい子」という意味があり可愛いですね!!

花屋さんで買ってきたナデシコは中国原産の石竹(唐撫子)の様です。
私がイメージしていた「大和撫子」は日本古来の在来種「カワラナデシコ」のことらしい。

買ってきた撫子がカーネーションに似ていると思ったらカーネーションはナデシコ属らしい。
私の好きな花弁の先が裂けた「大和撫子」も左端に追加して描いて見ました!!
・・・皆さんの撫子のイメージは、どっちかな?

ナデシコ 1510
透明水彩、アルシュ、F3
[ 2015年10月09日 08:23 ] カテゴリ:ナデシコ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2019年5月、仁保公民館絵画教室講師を始める
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!