FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  2014年09月

コスモス

このコスモスも花器に一杯。可愛く綺麗だが窮屈そうなので自然に咲いている感じに・・・

秋を強調させる為にススキと赤い小さな花(ダリア?)を入れたのはバランス的に失敗!!
・・・野に咲く自然感を壊してしまったかな?

ススキは再挑戦で前回(月夜の庭先)より少しはマシかも?コツが掴めそうで掴めず・・・
草の生い茂る感じは、何度も描いているが毎回手間が掛かるし根気がいるし、
いつも適当になる。・・・これがサラリと簡単に描ける方法あるのかな~!!

コスモス
透明水彩、ウォーターフォードホワイト、F4
スポンサーサイト



[ 2014年09月29日 11:13 ] カテゴリ:コスモス | TB(0) | CM(6)

ケイトウ

この秋一番に描く花を探していて目に留まったのが、ふわふわのケイトウ!!

秋の花の定番だが、これまで難しくて描けないと思って敬遠していたが、
花瓶の中に生けられて窮屈そうにしていたので野に咲く感じで描いて・・・
自然に帰してあげようと、挑戦してみる事に!!

始めにバック・・・澄みきった秋の空を描く。意外とグラデーションが上手くいった!!
そして主役のケイトウを・・・恐る恐る描き始めて、ふわふわ感なかなか難しい!!
やっと、ここまで・・・もう一歩の所だが、これ以上触っていると悪くなりそうなので、
この辺で足元の草むらを、適当に自分の勘を頼りに描いて完成とする。・・・野に咲く感じ出たかな?

*最近の絵は人工的(作為的)に置かれたモチーフを、そのまま描き写すのでは物足り無く、
そのモチーフの自然な姿や、その空間を想定して描くことが多くなっているのに気付いた!!
想像で描くのも大変難しいが、やはり自然な姿が良い。
自分で創った想像空間を遊び心で描くのは、単なるスケッチでは得られない楽しみが有る。

ケイトウ
透明水彩、ウォーターフォードホワイト、F4
[ 2014年09月24日 11:09 ] カテゴリ:ケイトウ | TB(0) | CM(2)

月夜の庭先

机に5色のピーマン(黄、赤、橙、緑、白)と2色のみかんと梨1個そして六角豆。
モチーフ並べて・・・色とりどりのピーマンをメインに描くつもりが・・・

秋の雰囲気を出そうと!!遊び心を出してススキを入れたら・・・月も描きたくなって!!
庭先は想像で適当に・・・と言う事で「月夜の庭先」になっちゃった!!

ススキは難しかったので、また機会が有れば再挑戦するとして今回はここまで!!
盛りだくさんの要素を入れて、しかも想像で描くので失敗するかも??と心配だったが、
何とかここまで描けてホッとしたところでUP!!

この絵は、上部が月夜とススキ+中央が夜の庭+下部が野菜たちと、
3つのエリアが楽しめたが描く苦労も3倍だった!!

月夜の庭先
透明水彩、アルシュ、F6
[ 2014年09月19日 14:22 ] カテゴリ:果物・野菜 | TB(0) | CM(4)

栗拾い

秋を象徴する栗が、もう落ち始めているらしいので草むらに落ちている栗を想定して、
栗拾いのシチュエーション・・・大きな葉っぱの付いたブドウが有ったので一緒に描いて見た。

草むらは想像で適当に!!それらしく描いてブドウを置いたが、少し違和感が有るかな~??
草むらに落ちているブドウは誰も拾って食べないよな~!!いくら美味しそうでも・・・

描きながら思ったが、ブドウの大きな葉っぱが大き過ぎて主役では無いのに強烈に主張する!!
この主役では無い葉っぱが上手く描けないと、この絵は見るところが無く失敗するだろうな~。
主役の栗はイガイガに力を入れて描かないといけないのに、どう描けば良いのか分からず??

悩みながら描き進め色を重ね過ぎてしまった!!この辺で止めて・・・UPする。

栗拾い
透明水彩、ウォーターフォードホワイト、F4
[ 2014年09月14日 19:07 ] カテゴリ:果物・野菜 | TB(0) | CM(2)

ブドウとワイン 1409

2014年秋の一発目。涼しくなってブドウ畑でワインを飲むシチュエーション!!

テーブルにモチーフを並べて・・・屋外の雰囲気を出そうとバックにブドウの木を描いてみた。

何度か描いているモチーフなのでサラリと描けると思ったが・・・少し不満が残る!!
まだ迷いながら描いているしコツが掴めていない・・・いつまでも、この調子かな~???

ブドウとワイン 1409
透明水彩、アルシュ、F6
[ 2014年09月09日 18:57 ] カテゴリ:果物・野菜 | TB(0) | CM(2)

夏の終り 2014

夏の終りの区切りの一枚で、なぜ人物画???

秋になる前に、夏の終りの区切りとして一枚描こうとモチーフを考えていた時、
綾野剛の一枚の写真が目に留まった。そのポーズや雰囲気が気に入って描きたい気持ちになる。
それが「夏の終り」という題名の昨年上映された映画のカット写真だった。

夏の終りをイメージする絵を描くつもりだったが・・・ま~いいか映画の題名「夏の終り」でも!!
と言う事で・・・綾野剛です!!似て無くもない??似顔絵に初めて挑戦・・・難しいな~。

鉛筆デッサンは過去に石膏デッサンが一枚、人物着彩画は過去二枚しかない・・・
この鉛筆画、私の貴重な一枚になる!!
・・・これで夏の区切りを付けたので涼しい秋が迎えられる。

夏の終り 2014
鉛筆、トレペ、A3
[ 2014年09月04日 18:08 ] カテゴリ:◆人物・人形 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!