FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  2015年10月

白いダリア 1510

白いダリアに挑戦
先日、花の絵100枚目で赤いダリアを描いているので他の花を捜したが他に描きたい花が無く、
精一杯咲き終えて少し枯れかけた、このダリアと目が有って描いてあげることに(笑)

開ききって少し不美人なこのダリア・・・綺麗になれと力が入ったが!!この辺でUP

白いダリア 1510
透明水彩、WF、F4
スポンサーサイト



[ 2015年10月29日 08:44 ] カテゴリ:ダリア | TB(0) | CM(6)

サンダーソニア 1510

釣鐘状の可愛い花を見付けた・・・サンダーソニア 

発見者のジョン・サンダーソンの名前にちなみ付けられたそうです。
別名「クリスマス・ベル」「チャイニーズ・ランタンリリー」

原産地、南アフリカの夏に咲く花・・・北半球では12月
クリスマスの頃に咲くことから「クリスマス・ベル」とも呼ばれているようです。

先日クリスマスソングを耳にして、ケーキの予約も開始し始めているのにビックリ!!
この釣鐘状の可愛い花もクリスマスの飾りやロウソクの明かりに良く似合いそうだ。

少し気が早いが・・・今年も後僅かだ~(笑)

サンダーソニア 1510
透明水彩、WF、F3
[ 2015年10月25日 10:34 ] カテゴリ:サンダーソニア | TB(0) | CM(7)

秋明菊とフウセントウワタ 1510

綿毛の付いた種を付ける花「シュウメイギク」と「フウセントウワタ」です。

*シュウメイギク(秋明菊)は名前から菊の仲間と思ったらアネモネの仲間のようです。
秋まっさかりに開花する名前通りの花で英語ではジャパニーズ・アネモネ(Japanese anemone)
別名(貴船菊)京都の貴船で多く見られたことから付いたらしいですよ。

花に見えるのは花びらでは無くて萼片らしい。
萼片が散った後、球状の花芯が残り熟して割れると種子を沢山付けた真っ白な綿毛が現れる。

*フウセントウワタは別名(フウセンダマノキ)
枝先に小さな乳白色の花が下向きに咲いて、この花が終わると袋状の果実が出来る。
このユニークな風船状の果実は生け花などで良く見かけますね。
果実には柔らかい棘が有って熟すと中から綿毛の付いたタネが出てきます。

今回のバックは私としては珍しく雰囲気を感じるものになって自己満足しています。

秋明菊とフウセントウワタ 1510 
透明水彩、WF、F4

[ 2015年10月21日 08:27 ] カテゴリ:秋明菊 | TB(0) | CM(8)

白菊 1510

白菊を描いて見た

花弁が多いので下描きする途中で適当になる・・・根気が無くなってきたのかな~?
何とか下描きを終えて着彩に入ったが・・・もう一歩の所!!
このもう一歩が上手くいけばワンステップ腕が上がる気がするのだが?

*memo:前回のダリアが花の絵で丁度100枚。
・・・この菊の絵で総枚数200枚目の区切りの良い記念の絵になった。

白菊 1510
透明水彩、アルシュ、F3
[ 2015年10月17日 09:00 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(6)

ダリア 1510

丁度100枚目だ~!!・・・皆さんに感謝します!!

ブログのカテゴリで“花”としてUPしてきた花の絵の枚数が100枚にもなった!!
これまで3年と8か月、多く描いてきて上手くならないのは残念だが・・・
これからも手ごろなモチーフとして花を楽しく描いていきます。

気持ちが入り過ぎて燃えるようなダリアになってしまった!!

ダリア 1510
透明水彩、アルシュ、F3
[ 2015年10月13日 08:42 ] カテゴリ:ダリア | TB(0) | CM(8)

ナデシコ 1510

秋の七草の一つ「撫子」を描く

「春の七草」は「七草がゆ」にして”食”を楽しみ「秋の七草」は“花”を楽しむ。
撫子は「撫でていつくしむ愛らしい子」という意味があり可愛いですね!!

花屋さんで買ってきたナデシコは中国原産の石竹(唐撫子)の様です。
私がイメージしていた「大和撫子」は日本古来の在来種「カワラナデシコ」のことらしい。

買ってきた撫子がカーネーションに似ていると思ったらカーネーションはナデシコ属らしい。
私の好きな花弁の先が裂けた「大和撫子」も左端に追加して描いて見ました!!
・・・皆さんの撫子のイメージは、どっちかな?

ナデシコ 1510
透明水彩、アルシュ、F3
[ 2015年10月09日 08:23 ] カテゴリ:ナデシコ | TB(0) | CM(6)

彼岸花 1510

秋には必ず描きたくなる花だ。

花屋さんに、やっと入荷。白色も有ったが、やはり彼岸花は鮮やかな赤だと赤を即購入!!
しかし白い彼岸花って珍しく思い、絵では赤と白の2色にして描いて見た。

今回もバックに悩んだあげく・・・畦に咲く彼岸花の田園風景にしてみようと!!
今回も想像空間の風景に挑戦!!

日本のヒガンバナは種子で自然に増える事は無くて全て遺伝的に同一で、中国から伝わった
1株の球根から日本各地に株分けで広まったという・・・元をたどれば一株?凄い事ですね!!
彼岸花の毒がネズミやモグラ、虫などの忌避剤になるので人為的に植えられたものらしい。

彼岸花 15010
透明水彩、アルシュ、F3
[ 2015年10月05日 10:20 ] カテゴリ:彼岸花 | TB(0) | CM(9)

ケイトウ 1510

秋を代表する花、ケイトウ(鶏頭)

色とりどりの小さな可愛い花が咲いている鉢植えも有ったのだが、
ケイトウらしくなかったので一般的にイメージする鶏冠系を一輪買って・・・

花だけを描くつもりだったのだが自然の野原に咲く感じにして描いて見ようと!!
想像空間の風景を悩みながら塗り重ね・・・透明水彩画を描きたいのにコッテリ!!
何時もの失敗を繰り返すが風景画の練習になったかな?

ケイトウ 1510
透明水彩、WF、F6
[ 2015年10月01日 08:56 ] カテゴリ:ケイトウ | TB(0) | CM(6)
プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!