FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  2016年03月

椿 1603

・・・季節を終える「椿」・・・

桜の季節になるが、この冬、良く咲いてくれた椿。
季節は過ぎて今では殆ど花が散り残り僅かになった花を見て・・・お礼を込めて描く!!

切り花では無いのでポーズを取って貰うことが出来ず・・・自分の思う所に花を、
空間が空いて寂しいと思うところに蕾を、そして花が強調されるように葉を入れて・・・
自分の思う構図で下描きを終え、失敗を恐れながら慎重に着彩に入る。

着彩の途中でも葉の陰に隠れた花を描き入れたりして・・・楽しみながら描き終えた。
来年も沢山の花を付けて楽しませてくれるでしょう!!

椿 1603
透明水彩、WF、F3
スポンサーサイト



[ 2016年03月29日 08:24 ] カテゴリ:ツバキ | TB(0) | CM(10)

オーニソガラム・ダビウム 1603

オーニソガラム・ダビウム

オーニソガラムは南アフリカが原産。
多くが白花のようですが、オーニソガラム・ダビウムは黄色やオレンジ色です。

先端のウロコ状になった塊が伸びて成長し、ウロコ状の一つ一つが花になります。
咲き始めはチューリップのような形です。同じユリ科だから花も葉も似ているのかも?
小さな花は開き切ると6枚の星形になって可愛く綺麗です。
絵にする時は、まだ花が少なかったので、この花の可憐な様子が描けなかった。

オーニソガラム・ダビウム 1603
透明水彩、WF、F3
[ 2016年03月25日 08:56 ] カテゴリ:オーニソガラム | TB(0) | CM(8)

クリスマスローズ 1603

これ白い八重咲きのクリスマスローズ・・・に見えますか!!

変わった花を見付けたので名前を聞くと「クリスマスローズ、変わっているでしょ!!」との事?
良く目にするクリスマスローズは店先に有ったのだが、
イメージが全く違いチョット変わっているので、これを買って描いて見ようと・・・

買う時には、更に咲ききって萎れていたのか? 
スケッチを終える頃には形が無くなるくらい持ちも悪かった・・・(泣)

クリスマスローズに見えないが出来るだけ見たままを描いて見た!!
描き終える頃には情も移り崩れた姿も「あばたもえくぼ!!」可愛く見えて来た(笑)

クリスマスローズ 1603
透明水彩、WF、F3
[ 2016年03月21日 08:36 ] カテゴリ:クリスマスローズ | TB(0) | CM(10)

ペラルゴニューム 1603

ペラルゴニューム・・・初めて見る花だ。

Pelargonium(ペラルゴニューム)は、ギリシャ語の「pelargos(コウノトリ)」が語源で
実の形がコウノトリのくちばしに似ていることから付いたらしい。

似た花は有りますが、これは葉の形などに特徴が有るゼラニウムの仲間です。
多くは濃いピンク色のようですが、この花は白い縁取りが有り濃いワインレッド色です。
ゼラニウムは可愛い感じに対して、この花は濃い色なので豪華さを感じます。

ペラルゴニューム 1603
透明水彩、WF、F3
[ 2016年03月18日 08:36 ] カテゴリ:ゼラニウム | TB(0) | CM(8)

踊り葉牡丹 1603

「踊りハボタン」

お正月には彩りを見せてくれた葉牡丹ですが、枝を長く伸ばした葉牡丹を見付けました。
一本の茎が三本に枝分かれしていて、その一つの茎の先にハボタンを付けています。
後の二本の茎は、クネクネと長く伸びて花が沢山咲いたような葉も可愛く綺麗ですね~!!
おしゃれなオブジェのようです!!

菜の花のような黄色い花を咲かせた花後に切って枝分かれさせて仕立てるようです。
伸びきっても楽しませてくれますね!!

踊り葉牡丹 1603
透明水彩、WF、F3
[ 2016年03月13日 09:46 ] カテゴリ:牡丹 | TB(0) | CM(8)

プロテア 1603

珍しい花を見付けた・・・「プロテア」

この名前は自分の意志でその姿を自由に変えられるギリシャ神話の海神「プロテウス」に由来。

豪華さは有るが異様な雰囲気を感じる!!
似た花で昨年8月に描いたピンクッションもそうだった。

外側の甲羅のように付いている花びら一枚一枚が花らしい!!花びらの縁には毛が生えている。
絵は花びらが開いていない状態で拳の大きさ、これが開くと子供の顔位の大きさになりそう!!

プロテア 1603
透明水彩、WF、F4
[ 2016年03月09日 10:26 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(8)

アネモネ 1603

小さな花が続いたのでボリュームのある花に挑戦・・・アネモネを描く!!

アネモネはギリシャ語で「風」を意味するΆνεμος (anemos)。
早春の風が吹き始めると開花するとも言われていて、名前の語源は「風の花」の意味のようだ。

このアネモネはボリューム感のある白い花びらに赤く丸い天使の輪?が出来ていて珍しく思い、
何時ものように一輪買って・・・二輪描いて仲睦ましく、蕾を足して親子をイメージ(笑)

アネモネ 1603
透明水彩、WF、F3
[ 2016年03月05日 08:31 ] カテゴリ:アネモネ | TB(0) | CM(8)

ボケの花

桃の節句を前に!!桃の花・・・では無くて、描いたのはボケの花です。

果実が瓜に似ていて「木になる瓜」で「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」になったそうですよ。
中国原産のボケ、日本原産のクサボケ、その2種を掛け合わせた園芸品種などが有るらしく、
このボケは園芸用に品種改良されたのか棘が無い。

小さな花は描くのが大変!!と、分かっているが・・・
この可愛さを見ると、つい描きたくなってくる(笑)

ボケの花 1603
透明水彩、WF、F4
[ 2016年03月01日 08:48 ] カテゴリ:ボケ | TB(0) | CM(12)
プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!