FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  2017年06月

唐辛子 1706

トウガラシ

観賞用の唐辛子・・・描きたい花が無く、こんなものを描いて見た。
小さな鉢植えで姿勢良く直立して実がなっていた。
食用など下向きに実が付くものと「タカノツメ」などは上向きに実がなるのですね?

紫色が混じり「五色唐辛子(花とうがらし)」や「紫炎」という観賞用のトウガラシ?
食べるものでは無く、実は最初紫でだんだんオレンジから完熟すると赤くなるようです?
それにしても紫色は、異様な感じで観賞用にも抵抗が有る(笑)

唐辛子 1706
透明水彩、WF、SM
スポンサーサイト



[ 2017年06月28日 08:29 ] カテゴリ:唐辛子 | TB(0) | CM(8)

紫陽花 1706

紫陽花

雨が良く似合うアジサイ・・・この季節には描かなければならない花だ!!
切り花用で売られていた手まり咲きの可愛いのをGet!!

買った1輪を何時もの様に、画用紙の中に思う存分描いてみた!!
これで今年も描く事が出来てホッとした。

***紫陽花の花言葉を雨と結び付けてみた(笑)
「辛抱強い愛情」・・・愛する人を待つ、外は雨
「一家団欒」・・・外出を控え一家団欒、外は雨
「家族の結びつき」・・・みんな揃って和むひと時、外は雨

紫陽花 1706
透明水彩、WF、SM
[ 2017年06月24日 08:40 ] カテゴリ:アジサイ | TB(0) | CM(6)

サンパラソル 1706

サンパラソル

熱帯アメリカ原産の、つる性植物「マンデビラ」をサントリーが品種改良した花だそうです。
名前の由来は、パラソルのような星形をした所から付いたのかな?
花言葉は、蔓が互いに強く絡み合う所から「固い友情」

少しピンクっぽい赤が鮮やかで、トロピカルな印象を受けます。
小さなポット植で1輪咲いていたのを、今回も画用紙に沢山咲かせました(笑)

梅雨本番、雨の季節になりました。
雨が良く似合う紫陽花も終わりかけています!!
まだ描いて無いので急ぎ紫陽花を描く為に、今日は何時も行く花屋さんへ行ってみようと
・・・有れば良いが!!有れば次回は紫陽花だ!!

サンパラソル 1706
透明水彩、WF、SM
[ 2017年06月21日 08:39 ] カテゴリ:サンパラソル | TB(0) | CM(6)

ピンクのバラ 1706

ピンクのバラ(ソルベット アバランチェ)

ソルベット(sorbet)は「シャーベット」、アバランチェ(avalanche)は「雪崩」
イタリア語で「細かい粒の氷菓」

この花は、切り花品種なので園芸店ではまず見かけないそうですよ!!
その名の通り淡いパウダーピンクが涼しげで爽やかな薔薇でした!!

ヒンヤリ感を出そうと挑戦したが・・・無謀な挑戦でした!!(笑)

ピンクのバラ 1706
透明水彩、WF、SM
[ 2017年06月17日 08:09 ] カテゴリ:バラ | TB(0) | CM(8)

インパチェンス 1706

ニューギニア・インパチェンス(和名:アフリカホウセンカ)

Impatiens はラテン語の「impa(否定)+tient(忍耐)」からきている。
「我慢できない」という意味で、さく果に触ると急に弾けることから名づけられたらしい。

お借りした小さな鉢植えで、さく果は無かったので触れることが出来ず未確認で返却!!
こぼれ種でも増えるほどの増殖力があり丈夫な草花のようだが、原産地が高冷地であるため
高温多湿に弱く、暖かく暑い地方では育て難いそうです。

特徴は花の後ろに萼片が伸びて、しっぽのような「距(きょ)」が有ります。
この尻尾は蜜を溜めてスズメガのような長いくちばしを持つ昆虫だけをおびき寄せ
花粉が付きやすくしているそうです。

インパチェンス 1706
透明水彩、WF、SM
[ 2017年06月14日 08:40 ] カテゴリ:インパチェンス | TB(0) | CM(6)

アマリリス 1706

アマリリス

一つの茎の先に複数の花が美しさを競うように咲いている。

アマリリスの名前の由来・・・
“ギリシャ神話に登場する羊飼いの少女アマリリスは、同じく羊飼いの少年アルテオに
思いを寄せていました。しかし、アルテオは花が好きだったため、花を届けてくれる
別の少女に恋をします。彼を振り向かせたいアマリリスは、神にお願いをして、
ある日1本の矢を手に入れます。その矢で自らを傷つけ流れ出た血からとても美しい
花を咲かせます。咲いた花の美しさに心奪われたアルテオはアマリリスを好きになる。“
・・・その時、咲いた花が“アマリリス”だそうです。

花言葉は、この神話から、花の美しさにちなんで「すばらしく美しい」、
アマリリスが話し好きであったことから「おしゃべり」、
自らの血で美しい花を咲かせたことから「誇り」「強い虚栄心」

少女アマリリスが流した血から咲いたと言われる真っ赤な花は151204に描いている。
今回は、少女が心に抱く淡い恋心の様な?柔らかなピンク色のアマリリスでした。

アマリリス 1706
透明水彩、WF、SM
[ 2017年06月10日 08:47 ] カテゴリ: | TB(0) | CM(8)

ペチュニア 1706

ペチュニア 

Petuniaはブラジル先住民の言葉で「タバコ」の意味。
和名:アサガオに似ていることから、ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)

ガーデニングで良く見かける花だが、描くのは始めて。
ピンクや赤色の花の様に鮮やかさは無いが涼しげで魅力的な色。
小さなポット植に数輪の花が咲いていたのを沢山描き過ぎて大変でした。

ペチュニア 1706
透明水彩、WF、SM
[ 2017年06月07日 08:32 ] カテゴリ:ペチュニア | TB(0) | CM(6)

芍薬 1706

芍薬

手まりの様な丸い花形と蕾の切り花を買って、下描きを始めると蕾が開き始める。
手まりのような花も大きく開きかけ・・・スケッチが難しい!!
下描きが終わる頃には元の形は無く、下描きの狂いや追記は自分の記憶が頼り!!

高貴でエレガントな美しさを持つ花。大きく開くとボリュームが有り・・・なんと豪華!!

芍薬 1706
透明水彩、WF、SM
[ 2017年06月03日 09:22 ] カテゴリ:芍薬 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!