FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  2017年09月

オクラ 1709

オクラ

オクラを花屋さんで見つけた!!こんなものが生け花になるのかな?
大輪のレモンイエローの花を咲かせるようですが、花も葉も付いていませんでした。

赤茶色の茎に丸まると太った実が付いていて、長さは食用よりも少し短め。
太く ふっくらとして食べ応えが有りそうだが、切り花観賞用で食べられないそうです!!

実や茎には繊毛が付いていて触ると棘の様に痛い。
その繊毛を絵に表現してみようと無謀な挑戦をして見ました!!
そして、比較のために見慣れた食用のオクラも描いて見ました(笑)

「オクラ」は英語の“Okra”の表記がそのまま日本の呼び名になり、
その形が女性のスラリとした指先に似ていることから「レディーフィンガー」の別名もある。
ちなみに日本では、切り口がレンコンに似ているため、「陸蓮根(リクレンコン)」とも。

オクラ 1709
透明水彩、WF、SM
スポンサーサイト



[ 2017年09月30日 09:01 ] カテゴリ:オクラ | TB(0) | CM(6)

ダリア 1709

ダリアのギャラリーシリーズ・デガス

ダリアは、これで9枚目になるのだが・・・一向に上達しない!!

多くの花弁を一枚一枚描く時は、夢中になって楽しい時間が過ぎるのだが
根気が続か無くなって来て、この手間を省く方法は無いものか?
最近描く前に手抜きをする方法を考えてしまう(笑)
描き慣れて要領が掴めての手抜きなら良いのだが!!

ダリア 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月27日 08:16 ] カテゴリ:ダリア | TB(0) | CM(8)

クロホウズキ 1709

クロホオズキ 英名:シューフライ(Shoo Fly Plant)、 

これはホオズキ(ホオズキ属)ではなく、ナス科のオオセンナリ属に属します。
形がホオズキに似て黒いところから名前が付いたようです。
英名のシューフライとは「ハエを追い払う」という意味で
葉にハエなどが嫌う成分を含んでいるそうですが・・・匂っても普通の葉の匂いです(笑)

開花期:7~9月、薄青紫色の花が咲き、黒点の入った濃緑色のガクに包まれた中に
緑色の丸い実が付いています。
緑色のガクや実は熟れると茶色~黒色になりホオズキのように赤くはならないようです。

クロホウズキ 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月23日 09:04 ] カテゴリ:ホオズキ | TB(0) | CM(6)

ノボタン 1709

ノボタン(コートダジュール)

昨年、シコンノボタン1611を描いていたが、そのシコンノボタンの改良品種で、
花弁が細く赤紫花の「コートダジュール」

開花時期は7月~11月まで花が付く南国原産の常緑の低木で耐寒性があり
伸びると3m位になるそうですが、鉢植えは矮化剤を使って成長を止めているとか!!

ノボタン 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月20日 08:07 ] カテゴリ:ノボタン | TB(0) | CM(6)

デルフィニューム 1709

デルフィニューム

イングリッシュガーデンの定番
寒冷地や山岳地帯が原産地のため、寒さには非常に強く日本の夏が苦手のようです。
開花時期は5月~6月らしいが切り花で売られていたブルーの八重を購入。

長い花穂は人の背丈位にまで伸びるようで、購入した切り花でも50cmも有った。
その一部を短く描いてガラスコップに挿した様に描いて見た!!

華やかな青色は花弁では無くガク片で、そのガク片の中から突き出した小さな白色が花です。
後ろには、細長く伸びた距が有り何の役割をしているのか分からない。

デルフィニューム 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月16日 08:33 ] カテゴリ:デルフィニューム | TB(0) | CM(7)

リンドウ 1709

リンドウ(竜胆)

この花は、晴天の時だけ花が開くそうですね!!
可愛らしさと凛とした美しさを感じます。

購入した切り花は全て閉じていて、賑やかさが無いので開いた状態も描き
日本的味わいの有る濃い青紫色の中に一部ピンクを入れてみた!!

リンドウ 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月13日 08:34 ] カテゴリ:リンドウ | TB(0) | CM(6)

ケイトウ 1709

ケイトウ

羽毛状のウモウ(羽毛)ケイトウと代表格のトサカ(鶏冠)ケイトウです。
花屋さんの花も秋らしくなってきました。

ウモウケイトウは、赤と黄色の2色を描きました。赤いのは葉の縁も赤みが有りました。

トサカケイトウのクネクネは、扇子の様に一つに繋がって1枚の花穂なんですね。
トサカは真っ赤では無くて、薄緑色で派手さは無いけど真っ赤より上品です。

ケイトウ 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月09日 08:30 ] カテゴリ:ケイトウ | TB(0) | CM(6)

胡蝶蘭ミニ 1709

胡蝶蘭ミニ ストライプ(ミニ ゼブラ)

赤紫の斑点が筋状に入った胡蝶蘭で、ミニでも存在感が有る。
切り花なので葉は付いて無く、花だけをガラスボールに挿しているように描いて見た。

花の斑点は根気強く、ガラスボールは想像なので迷いながら・・・其れらしく見えるかな?

*今日が誕生日のブロガーさんへ、花屋さんで一番高価な(笑)この花をプレゼント!!

胡蝶蘭ミニ 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月06日 08:40 ] カテゴリ:ラン科 | TB(0) | CM(6)

ゲンペイカズラ 1709

ゲンペイカズラ(源平葛)  別名:ゲンペイクサギ(源平臭木)

始めた描く花だ!!
ツル性の常緑木で白色の萼に包まれ、その中に赤い花を付け紅白の対比が美しい花だ。

名前の由来
源平葛:白いガクが源氏の白旗で赤い花弁が平家の赤旗にみたて、
真っ赤な花(平家)は、とても華やかに咲き誇るが、やがて散り落ちてしまい、
白いガク(源氏)のみの姿になると言う。紅白を源氏と平氏に見立てたことが名前の由来です。

別名のゲンペイクザギ(源平臭木)
クサギの名は、葉っぱを揉むと少し異様な匂いがすることからですが
気になるほどでは無いです。

ゲンペイカズラ 1709
透明水彩、WF、SM
[ 2017年09月02日 08:23 ] カテゴリ:ゲンペイカズラ | TB(0) | CM(6)

***広島市内の絵画教室で水彩画(透明水彩画)教室を お探しの方へ***

広島市中区紙屋町、本通りの近く「まさあきの透明水彩室」で水彩画をご一緒に楽しみませんか。
初めての方、歓迎。水彩絵具の準備から御相談に応じます。

教室はリビングテーブルを囲ってのアットホームな雰囲気で、少人数の個別指導を目的にしております。
透明水彩の描き方のコツを丁寧にお教え致しますので、短期間に素敵な絵が描けるようになります。

*場所:広島市中区紙屋町1-5-17(ヤマハミュージック店の裏通りです)
ケンセイビル2階、語学スクール アウトサイダー内「まさあきの透明水彩室」
*日時:毎週水曜日、13時~16時(見学自由15:30まで)、会費:1日3時間1,000円
*詳しくは、直接教室へ(中尾まで)お越し頂くか、ご質問やご連絡先等を、この記事内の
コメント投稿欄で非公開にて ご連絡下さい。
プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!