FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  ◆花(秋)  >  ナデシコ >  センノウゲ 1511

センノウゲ 1511

幻の花・・・センノウゲ(仙翁花)

600年以上前に中国から入ってきて、一時は絶種して「幻の花」と呼ばれた珍しい花のようです。
名前の由来は“嵯峨の仙翁寺”で育てられていたことから付けられたとの事です。
1996年に島根県で栽培されていることがわかり、今では一般に流通するようになった。

夏に咲く花のようだが、温室で育てられたのだろう?
小さく可愛い花びらが真っ赤になって咲いていた。
ナデシコ科なので少しナデシコに似ている。

センノウゲ 1511
透明水彩、WF、F3
スポンサーサイト



[ 2015年11月26日 08:40 ] カテゴリ:ナデシコ | TB(0) | CM(4)
千翁花 初めて 知りました。
名前の由来が普通なので 少しガッカリしたかしら〜笑)
翁が舞ってるのかと思ったのです〜笑)

パッと目立つ真紅のお花ですね ♪
花弁の先が割れているので 可憐な感じもします。

何時も mnsuisaiさんは 見事に描いていらっしゃって
感心してしまいます ♪
[ 2015/11/27 13:34 ] [ 編集 ]
ナデシコ科らしいお花ですね。
でも葉がナデシコと違う気もします。
見かけたような気がしますが、センノウゲの名前を聞くと珍しのかな~っと^^;
香りはないのですか?

やわらかそうな花びらがリアル感たっぷりですね♪
今回は3本だったのですか?
3本がそれぞれに個性があり違った顔(葉と花)に見えました。
いつも向きを変えて想像も入れて描かれているので・・^^;
そんなことを想像しながら楽しんで拝見しています♪
[ 2015/11/27 15:58 ] [ 編集 ]
Re: 優さま、翁の舞う姿
優さま、こんにちは。コメ有難う御座います。
花の名前も由来が有るのですが花にそぐわない名前が意外とありますね!!
優さんが言われるように、この裂けた花びらから能面を付けた翁が能を舞う
そんな姿をイメージするには・・・大分無理が有りますね(笑)
しかし、可愛い花でした!!
[ 2015/11/28 10:50 ] [ 編集 ]
Re: コットンさま、アレンジしながら
コットンさま、こんにちは。コメ有難う御座います。
ナデシコのように花弁の先が裂けているのですが、
葉はナデシコより太めかな!!香りはしませんでしたよ。

いつもは切り花1本向きを変え描いていますが、
今回は小さな鉢植えで鉢の中で沢山の花が窮屈そうにしていました。
そんな花に伸び伸びと咲いてもらおうと先ずは絵の構図を決めました。

今回は右に主になる花、左は少し暈し気味に後ろ向きを、
蕾が有ったので花の後ろにすると小さくて見え難いと思い
手前に・・・そんな構図に合った3本の花を捜しながらスケッチ。
後はスケッチしながら画用紙の上で花に上を向いて貰ったり、
左に向いて貰ったりと少しアレンジしながら描きました。

もっと花を多くすれば華やかさが出ると思いながらも大変なので(笑)
[ 2015/11/28 10:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!