FC2ブログ

まさあきの透明水彩

水彩画家を目指し、広島市内の「まさあきの水彩室」で描いた透明水彩画を ご鑑賞ください。
まさあきの透明水彩 TOP  >  ラン科

シンビジウム 1901

シンビジウム

一本の茎から可憐な花を沢山咲かせている切り花を購入。
太くしっかりとした茎が、この花の力強さを感じます。

シンビジウム 1901
透明水彩、WF、SM
[ 2019年01月09日 08:58 ] カテゴリ:ラン科 | TB(0) | CM(4)

ラン・アランセラ 1812

アランセラ

ラン科
似た花で「モカラ」は描いた事が有るが、モカラより花弁が細いのかな?
強い日照を必要とするため、主にマレーシアなど熱帯地方で切り花として栽培され、
日本では栽培されていない洋蘭のようですが、花屋さんでは年中見かけます。

ラン・アランセラ 1812
透明水彩、WF、SM
[ 2018年12月05日 08:23 ] カテゴリ:ラン科 | TB(0) | CM(4)

デンドロビウム 1811

デンドロビウム ファレノプシス(デンファレ)

花期:5月頃から咲き始め、9~10月が最盛期
胡蝶蘭ほどの豪華さは無いけど清楚で涼やかな雰囲気です。

デンドロビウム 1811
透明水彩、WF、SM
[ 2018年11月07日 08:15 ] カテゴリ:ラン科 | TB(0) | CM(4)

胡蝶蘭ミニ 1805

胡蝶蘭ミニとアイビー

大輪の胡蝶蘭は高価なので、なかなか絵にする機会は無いが
今回、小さな鉢植えで下草にアイビーの付いた可愛いミニ胡蝶蘭です。
(花径が6~9センチの中輪をミディ、もっと小さな4~5センチの小輪がミニ)

小さくて可愛いのですが、絵に描くと大きさが良く判らず可愛らしさが伝わりませんね!!
アイビーの葉と比べて大きさを想像して見てください(笑)

胡蝶蘭ミニ 1805
透明水彩、WF、SM
[ 2018年05月26日 09:04 ] カテゴリ:ラン科 | TB(0) | CM(8)

ラン・モカラ 1804

ラン・モカラ

開花:7月~11月ですが花屋さんでは年中見かけます。
高価で中々購入できませんが、このモカラはお手頃でした。
ランの中でモカラは安価なので、切り花やレイ・ブーケに良く使われるそうです。
またフードやドリンクのデコレーションにも使われているランの花です。

3種のランを交配して人工的育種されたランで背の高さが3mにもなるそうです!!

ラン・モカラ 1804
透明水彩、WF、SM
[ 2018年04月11日 08:23 ] カテゴリ:ラン科 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

mnsuisai

Author:mnsuisai
広島市内在住の透明水彩画家を目指して
2019年5月、仁保公民館絵画教室講師を始める
2017年1月、水彩画教室「まさあきの透明水彩室」開始
2013年6月、「まさあきの透明水彩」ブログ開始
2012年2月、セカンドライフで透明水彩画を始める

カテゴリ
菊 (4)
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ブログ村の水彩画に参加しております
宜しかったらポチっと!!